亡くなった父の会社で働いて給与をもらっていましたが、会社の発展に尽くしました。寄与分は認められませんか?

寄与行為がみとめられるには、その行為が無償でなければならないといわれています。では、質問のように給与が払われていたらどうでしょう?実際の給与が他人を雇うときと同じレベルでの金額なら、無償ではない、つまり有償であったものとされます。それより安いような場合には、安い分の差額が寄与分ということになるでしょう。

つまり、他人をやとっていたらその分だけ給与が支払われていただろうから、その分相続財産も減っていただろう、だから、その差額は安い給与で働いた相続人の寄与分としてみとめてあげようというわけですね。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)