亡くなった父の療養のためにかなりのお金をだしてあげ、事業の借金も返済してあげたのですが、父が残した不動産について、相続のときにこれまで何もしなかった弟とおなじ相続分になってしまうのでしょうか?納得できませんが、なんとかできないでしょうか?

相続人が亡くなった被相続人に対して、お金などをだしてあげたり、借金を返したりして、亡くなった人の相続財産の維持や増加に貢献したという場合がありえます。貴殿の場合もそうですね。

相続人が自分の金銭や不動産を贈与していたり、相続人が被相続人のリフォーム費用を出してあげたり、借金を返済してあげたりしたような場合、寄与分となります。

質問者の場合には、金銭を贈与し借金を返済してあげたわけで、寄与分が認められる可能性がありますね。ただ、寄与分は、その金銭の贈与とか借金の返済の効果が、その方の亡くなったとき(相続開始時)に残っているということが必要です。リフォームなどでは、その後時間がたってリフォームした家のリフォームによる価値が経年劣化してなくなっているようなこともあります。そういう場合には寄与とはいえません。借金返済であればその結果債務が減っており効果はあるといえるでしょう。療養費用もその結果本来は不動産など売却するなどしないといけませんので、効果は残っているでしょう。実際には、療養の費用を出したことの証拠がなかなか残っていなくて立証が出来ないということはありますので、弁護士とそのあたりは相談されるとよいでしょう。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)