代襲相続するのは、だれですか?相続割合はどうなりますか?

死んだ方の子と兄弟姉妹が相続人であるべきであった場合に、その相続人が亡くなっているとその子が代わりに相続できます。しかし、直系尊属や配偶者については、代襲相続という制度はありません。
代襲者になるには、他の要件もあります。
・代襲者が被代襲者の子である
・代襲する者が、相続されるべき死んだ人の直系卑属でもある
・代襲する者が相続されるべき死んだ者に対して相続権を失っていない
・代襲者が相続開始前に存在すること
があります。

兄弟姉妹の代襲相続は1代のみだけになっていますが、それ以外にはさらに代襲相続が認められていますので、たとえば、祖母が死亡してその子と孫が同時にすでに事故で死んでいたような場合には曾孫が相続します。代襲相続されるべき人の相続分について、相続します。たとえば、子が死んでいて孫が相続する場合には、その子の相続分を孫が分け合うことになり、他の人の相続分に影響しません。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)