代襲相続とはなんですか?

代襲相続とは、相続人が、相続開始以前に死んでしまったときや、相続欠格、廃除によって相続権をなくしてしまったときにその相続人の子がその相続人に代わって相続できる制度です。代襲相続があると、例えば、Aさんが亡くなって、Aさんの子三人のうち1人が既に死亡していても、その死亡した子の子(Aさんの孫)が相続することになります。

相続欠格と廃除は相続開始後に発生することもありますが、効果は相続開始時にさかのぼるので、このときも代襲相続が生じます。 
ただし、気をつけることは、相続人が相続放棄をした場合には、代襲相続は生じません。これはある意味で当たり前ですね。そうしないと、子にも相続放棄させておかないといけなくなりますからね。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)