具体的には 遺産分割はどうやって進めたらよいですか。

遺産分割の方法には
1) 遺言による分割
2) 協議による分割
3) 調停による分割
4) 審判による分割
の4種類があります。

下にいくほど紛争の様相が濃くなります。つまり、穏便に決められないという性格が濃くなるわけです。遺言でしっかり決まっていれば争いようがないですが、そうでない場合、まずは協議、そして家庭裁判所での話し合い(調停)そして審判となります。審判は、家庭裁判所による判断です。一種の裁判ですね。

遺言もきちんとした明確なものならよいのですが、遺言の解釈そのものが争われることもあります。いずれにせよ、穏便に分割できないとわかったら、一部の人が財産を費消するまえにきちんと調停の申立てをしたほうがよいでしょう。せっかく残してもらった財産ですから、遺族できちんと有効活用したほうが亡くなった方も喜ぶのではないでしょうか。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)