協議による遺産分割はどうやって行いますか?

協議による分割は、当事者だけで話しあう方法です。相続した人が全員で合意して、遺産を分割する手続で、争いがないような場合になされる最も一般的な分割方法といえます。

相続人は、被相続人が遺言があってもそこで分割を禁じていないなら、いつでも協議で遺産の分割をすることができます。

相続人全員の意思が合意すれば、どういう分割にするかは相続人の自由ですので、指定相続分とか法定相続分に従う必要はなく、長男が多めにもらうということもできます。誰かが何ももらわないというような相続もできます。

遺言が存在する場合、相続人全員の同意があれば、一定の範囲 で、亡くなった方の意思を没却しない程度のものであれば遺言と異なる分割協議をすることもできます。ただし、遺言執行者が指定されている場合は、執行者は遺言に従うべきですので、そのような場合は除きます。

当事者は相続人全員ですので、当事者の一部が含まれない遺産分割協議をしても、後日、分割協議が無効とされてしまうので、そのような協議ができないのであれば、調停を申し立てるなど別の方法をとるべきです。また、相続人が高齢で判断能力が乏しいような場合にも後に遺産分割協議が無効となる可能性があるので、成年後見人を選任してから協議するべきでしょう。

遺産のうち特定の財産をもらった場合、つまり「どこそこの土地をAにあげる」というような場合、もらった人は特定遺贈を受けた人であり、特定受遺者といわれます。この特定受遺者は、死亡時にその財産を取得するので、遺産分割協議の当事者にする必要は、ありません。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)