姉は寄与分を主張しているのですが、亡くなった父からマンションの頭金として2千万円を援助してもらっていました。これは、借りたのではなくもらっていたと思います。相続のときには、この点はどう考えられるのでしょうか。父の事業を手伝っていた姉ですが2千万円ももらっているので、普通に相続分をもらうのはおかしいように思いますが、どうでしょう?

こういう場合のように、寄与分がある相続人は、亡くなった方とも親しくて、生前贈与や遺贈によって多くの財産を贈与されていることが多くあります。

生前の贈与とか遺贈というものによる特別受益の制度があることは、前のQ&Aで説明していますが、この特別受益にしても、一定の貢献のあった人に認める寄与分制度も、公平のために用意されたものです。

よって、同じ相続人が生前贈与や遺贈を受けている場合、亡くなった方としてはすでに貢献に対する見返りとしてそのような生前贈与などをされたということから、持戻免除をする意思表示があったと判断されることが多いです。

その場合、どうなるのでしょうか。

寄与分はすでに見返りがあったので認められませんが、生前贈与等の特別受益については相続分に戻して考えないので、その方はそれ以外の相続では通常の扱いを受けます。

もちろん、このような場合であっても、特定の相続人に対しての遺贈などで遺留分を侵害された相続人がいれば、遺留分減殺請求をすることはできます。

遺留分減殺に対しては、寄与分があった相続人でも遺留分減殺請求に対し自己の寄与分があるからとその分の減殺請求を減少させるべきという主張はできないと考えられます。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)