子供の一人に財産を残したくないとき、どうすればいいでしょうか?

相続人が子供AとBだとします。
もし、Aが親に対して暴力等のひどい行いをする場合、Aに財産を残したくないと思う場合もあるでしょう。
このような場合、遺言により、Bに全財産を相続させる旨の遺言することができます。
ただし、Aには遺留分がありますので、Bに対して遺留分減殺請求をしてくる可能性があります。
Aに遺留分も与えたくないと思うなら、「Aの廃除」を家庭裁判所に請求することができます。
もっとも、自分の生前に廃除を請求すると、Aの暴力がさらにひどくなる可能性もありますよね。
そのような場合には、遺言で「Aの廃除」の意思を表示することができます。
その際には、遺言に遺言執行者を決めておき、自分の死後に遺言執行者が廃除の請求を家庭裁判所に対して行うことになります。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)