寄与分とは何でしょうか?私は亡くなった父と商売をいっしょにやってきました。相続において、他の兄弟よりも多く相続できるのでしょうか?

特定の相続人が、亡くなった人の財産の維持や形成に特別の寄与、貢献した場合に、その相続人も法定相続分どおりにしか相続しないと不公平になることがあります。このようなとき、寄与・貢献した者にについて、一定の財産の取得を認めるのが寄与分の制度です。

たとえば、亡くなった被相続人の事業に関して労務の提供があった場合(いっしょに会社経営をしていたような場合)、被相続人の事業に関する財産上の給付、被相続人の療養看護などが典型的な場合です。

ただ、寄与分が認められるには、寄与となる行為が相当長期間にわたって継続してなされることが必要とされます。また、寄与といえるには、専従で本来の仕事と同様の程度で従事することが必要です。ですので、片手間でやっていてはだめなのです。

また、通常、親子なら兄弟ならこのくらいはするだろういというような、通常期待される程度を超えてなした貢献でなければなりません。通常期待される程度がどのくらいかは社会通念できまりますが、配偶者、親子ではその程度は大きくなり、兄弟姉妹や他の親族ではその程度は小さいでしょうね。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)