審判手続

実務の運用では、家事審判官が単独で審判を行います。家事審判手続は、家庭の平和と親族の関係のため、国家が後見的見地から遺産に関する関係について、裁量的に具体的な分割方法を決定する手続です。

そのため、通常の訴訟手続と異なり、家庭裁判所は、職権で事実の調査及び必要と認める証拠調べを行い、審理は非公開で行われます。
また、やむを得ない事由がある場合を除き、事件の関係人自身が出頭することが要求されています。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)