成年被後見人でも、遺言をすることはできますか?

成年被後見人とは、精神上の障害により常に事理を弁識する能力を欠いている状態にあり、家庭裁判所によって後見開始の審判を受けた人のことをいいます。
遺言をするには、自分がする遺言の内容と効果を理解・判断することができる能力(遺言能力)が必要です。
成年被後見人だからといって、一律に遺言能力がないとはいえません。
ただ、成年被後見人の遺言は、のちに遺言能力の有無について争いになる可能性があります。
そこで、成年被後見人が遺言するには、医師2人以上が立会い、遺言するときに事理弁識能力が回復している旨を遺言書に付記し、署名押印しなければならないとされています。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)