持戻免除とは何ですか?

特別受益がある場合でも、被相続人がその意思で持戻しを免除したいと言う場合には、持戻しはなされないという制度です。つまり、特別受益のある人を特別に扱わないで相続させることになります。

贈与に関してこの免除をする場合には、免除の意思表示をすればよく、とくにその方法に決まりはありませんが、遺贈に関する持戻免除については「遺言」で遺贈といっしょにする必要があります。この意思表示がはっきりしないが、黙示の意思表示が認められる場合もあります(解釈でそういう意思があったと考えうる場合です)。

たとえば、経済的に恵まれない人に対し、亡くなった方が扶養の意味を含めてなにかを贈与していた場合、持戻しをしてしまうとその贈与の意味がなくなるというような場合には、亡くなった方の意思としては免除の意思があったとされてはっきりした免除の意思は表示されていないのに、免除がされていると判断されることがあります。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)