死んだ夫が生命保険に入っていました。これも相続できますか?

生命保険というものは、亡くなった人と保険会社の契約です。保険金は、受取人に保険会社が支払うことになります。ですので、これは相続によって得るものでありません。受取人が法定相続人であればその相続人が受け取りますが、相続によって受け取るのではありません。 生命保険の受取人が亡くなった本人であった場合、つまり、自分を受取人として自分に生命保険をかけていたときは、生命保険金は相続財産となります。

ただ、相続人の1人が受取人であると、その人のみが死んだ方から利益を受けたようにみえるので、これも特別受益であるかという問題があります。判例は、生命保険は特別受益ではないとしています。この点については次のQ&Aで説明します。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)