父が兄に対して寄与分として自宅の土地建物を渡すという遺言を書いていたようなのですが、有効でしょうか。

このような「寄与分として遺産の3分の2を与える」 とか 「寄与分としてこの不動産を与える」 という遺言を行っていてもそれで寄与分を定めることはできません。

寄与分は、共同相続人の協議、家庭裁判所の調停または審判で定めるということになっているから、遺言で決められないのです。

もっとも、このような遺言があれば遺言の解釈方法によって、遺贈であるとか相続分の指定であるという解釈はありえるでしょうね。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)