父が遺言を残すそうです。長男に多くを残してあげたいと思っているようなのですが、遺言で相続分は変えられるのですか?

遺言では、相続人の相続分を定め、または相続分を定めることを第三者に委託することができます。ですから、遺言なら相続分を変えて法定相続分より多くしたり少なくしたり出来ます。このような指定は、必ず遺言によらなければならず、それ以外の方法ではできません。単に、口でそういうことを言っていたというだけではだめなのです。

遺言でのそういったことを決めるとき、各相続人についてそれぞれ何分の1と決めておくのがわかりやすく普通です。しかし、この不動産についてこの人にあげたいというような指定もよくされます。一緒に住んでいた長男にはこの家をあげるというような場合ですよね。

このような場合、「これがどういう意味なのか」という法的にはけっこう難しい問題があります。例えば、「Aには不動産αを与える」 という遺言がなされていた場合、Aはこれ以外にはもらえないという意味なのでしょうか?そうであれば、相続分の指定であるということ(これはこの人が絶対相続するという意味)になります。ただし、自分が死んだらこれをAにあげるといっているだけであるなら、「特定遺贈」となり、特定遺贈があったからといってそれをもらった人が相続分がそれだけで減るわけではないのです。遺産分割で相続分にしたがって相続してほしいが、特にAにはその不動産を割り当てたいということなら、遺産分割方法の指定となり、解釈が分かれるのです。

弁護士でない人が書いた遺言の内容は明確でないことが多く、せっかくの遺言も争いの種になることもあります。

どうせ残すなら、後で解釈について争いがないように、きちんとした遺言を残したいものですね。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)