特別受益とはどういう場合に認められますか?

これは、特定の相続人が、亡くなった方に生前お世話になっていて、婚姻、養子縁組のためや生計の資本として生前贈与や遺贈を受けているときの利益があったときに認められます。本来なら、相続が開始したときに存在する相続財産を相続分に応じて分けるのですが、相続人の一部が亡くなった方から何か利益を受けているときは、その利益について考慮しないと不公平であるという考えから、特別受益というものがあります。この特別受益があると、相続分算定にあたってその分を考慮して減らして計算することになります。

特別受益分について相続財産にないのにあったかのようにいったん戻して考えるので、これを「特別受益の持戻し」とよんでいます。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)