生命保険をもらった場合には特別受益にならないのですか?

生命保険金が、特別受益に該当するのか否かについては、争いがありました。しかし、最高裁判例平成161029日によって、該当しないと判断されています。ただ、被相続人の死亡により死亡生命保険金請求権を取得した相続人とその他の相続人との間に生じる不公平が民法903条の趣旨に照らし、到底是認することができないほどに著しいものと評価されるべき特段の事情があれば、民法903条を類推適用をして、死亡保険金請求権は、特別受益に準じて扱われるとしています。この特段の事情というのは、裁判所が好んで使う言葉ですが、保険金の額、その額の遺産総額に対する比率の他、同居の有無、被相続人の介護に対する貢献の度合いなどの保険金受取人である相続人及び共同相続人と被相続人との関係、各相続人の生活実態などの諸般の事情を総合考慮して判断するといっています。まあ、簡単に言うと全体としてあまりに不公平なら特別受益としましょうというわけです。

 

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)