相続人に財産をあげる場合は「遺贈する」と「相続させる」どちらを使えばよいでしょうか?

遺言で、妻や子などの相続人に財産をあげる場合は、「相続させる」と書きましょう。

とくに、不動産をあげる場合は、「相続させる」と書いておいた方がいいです。
なぜかというと、不動産の登記において、次のようなちがいがあるからです。

「相続させる」場合
登記の登録免許税が不動産の価額の1000分の4
登記手続は、財産をもらう人の単独申請

「遺贈する」場合
登記の登録免許税が不動産の価額の1000分の20
登記手続は、他の共同相続人との共同申請(他の相続人の委任状と印鑑証明書が必要)

以上のとおり、「相続させる」ほうが「遺贈する」より、安く簡単に登記できることになります。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)