相続人のひとりがとても遠いところにおり、出頭してくれないのですがどうしたらよいでしょう?

当事者が遠いところにいたり、病気、老齢などで、裁判所に出頭することができない場合、調停委員会又は家庭裁判所が提示しておいた調停条項案を受諾するという書面を提出すれば、他の当事者が期日に出頭して同調停条項案を承諾すれば調停が成立したとされる制度があるので、これが利用できます。これは、遺産分割という関係者が多いことがある調停について特別認められている制度です。
参考条文を載せておきますね。

参考条文
家事審判法
第21条の2
遺産の分割に関する事件の調停において、遠隔の地に居住する等の理由により出頭することが困難であると認められる当事者が、あらかじめ調停委員会又は家庭裁判所から提示された調停条項案を受諾する旨の書面を提出し、他の当事者が期日に出頭して当該調停条項案を受諾したときは、当事者間に合意が成立したものとみなす。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)