相続人の一部が弁護士を立てて、遺留分を侵害していると文句をいってきました。これはなんですか?

遺留分というのは、亡くなった人がもっていた財産の一定割合について、最低限の取り分として、一定の法定相続人に保障する制度なのですね。

通常は、生前贈与や遺言で無くなる前に自己の財産を自由に処分できるのが法の原則ですが、「遺留分」という制度は制度によって、その大原則である「処分の自由」を制限する特別な制度です。
しかし、ある贈与などで遺留分を侵害していても、その遺言・贈与は当然には無効とされず有効なのです。

ですから、侵害された人は、速やかに遺留分減殺請求を行って権利を確保しないといけません。遺留分が侵害されていると思ったら、速やかに弁護士に相談しましょう。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)