相続分とは何ですか?どうやってきまるのでしょうか?

相続分とは、亡くなった方がのこした遺産全体に対して、各相続人がどういう割合で権利をもつかという割合です。

相続人が一人であれば、相続分は100%ですね。しかし、たくさんいる場合にはその割合に応じて遺産を分けるので相続分は重要です。

どうやって決まるのかですが、民法という法律で決まっていますが、遺言による指定がある場合には、それが優先します。 遺言による指定を、指定相続分といい、民法による相続分を法定相続分といいます。先進国では遺言が一般的である場合もありますが、日本では遺言があることは多くないです。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)