相続分の放棄とは何ですか?

亡くなった方が残したものはプラスの財産のみならず、ローンなどのマイナス財産もあります。相続とはそういったプラスとマイナスの全体の遺産を承継するシステムです。

相続人がプラスの財産について、めんどうだからいらないといって共有持分を放棄することはいつでもできますので、 自らの相続分が少ないなどで争いにまきこまれたくない人が、個々の財産について共有持分の放棄をすることはでき、個々の相続財産について共有持分の放棄がなされると、放棄した相続人の共有持分は他の相続人に、その有する相続分に応じて帰属することになります。 しかし、これは個別のプラス財産の共有持分の放棄にすぎないため、相続債務の負担は免れません。

ローンとか借金の負担から逃れるには相続放棄を手続きに従って行っておく必要があります。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)