相続廃除とは何ですか?

相続人となるべき人が、被相続人を虐待したり、侮辱したりするなど問題の行動がある場合、被相続人の請求に基づいて、家庭裁判所の調停や審判手続により、その者の相続権を奪ってしまうという制度です。
相続権の剥奪という点では、相続欠格と同じ効果ですが、被相続人の意思に基づくものですので、相続されるべき人が生きているときに行動を起こさないといけません。被相続人は、財産を相続人以外の者に対して、生前贈与したり、遺贈したりして、この廃除にちかい目的を達することができますが、どうしても相続人には一定の権利が残ります。これが、相続人の遺留分です。
これも否定したい場合には、廃除制度は、意味があります。
廃除される者は、遺留分を有する相続人となるべき人であり、兄弟姉妹以外の相続人です。兄弟姉妹に遺留分はありませんので、対象になりません。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)