相続欠格とは何ですか?

相続できるはずの人が、死んだ方や他の相続人の生命や遺言行為に対して、故意の侵害をした場合に、相続権を失わせる制度で、簡単に言えば、死んだ方や他の相続人に悪いことをしていた場合、相続できなくなるということです。その悪いことは、法に決められているのでそれのみに限定されています。
(1) 生命侵害行為
故意に、被相続人または相続について先順位かは同順位の者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた場合です。殺してしまったり、殺そうとしたような場合ですね。これは、当たり前ですね、ただ、けんかで怪我をさせただけではこれにあたりませんので、ご注意下さい。

(2)相続される人が殺害されたことを知っていたのに、これを告発しなかった又は告訴しなかった場合です。(ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは除かれます)

殺されたのにそれを黙認していたような場合ですので、これも当たり前でしょう。
(3)詐欺や強迫で、相続された方の遺言についての取り消しや変更を邪魔したような場合
(4)詐欺や強迫によって、相続された人に遺言をさせ、これを取り消させ、又はこれを変更させた場合
(5)遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠した場合

この三つは、遺言に対して不当なことをした場合になります。これは、詐欺、強迫、偽造等の不当な行為で、相続上自分がなにか利益をえるために行為をした場合に、適用されると考えられています。このように不当な行為で、不当に相続分を増やそうとした人に制裁を加えて、そもそも相続できなくしてしまう制度なのです。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)