私は父の事業をほとんど無償で手伝ってきたので寄与分があると思うのですが、兄がすでに多額の遺贈をうけてしまっていて、私が寄与分を主張したくても相続財産が残っていません。どうしたらよいのでしょうか。

他の相続人への生前贈与や遺贈があって、寄与分の額を定めようにも相続財産が僅かになってしまうようなことはありえます。長男には自宅の土地と家をあげるというような遺言が残っていたり贈与が既にされたいというようなことも多いでしょう。こういったときには、寄与分が侵害されたとして生前贈与や遺贈の一部を取り消したりして、寄与分にまわすことは出来ないと考えられています。

というのも、

寄与分はあくまでも死亡した被相続人が残した財産についてどうわけるかの問題だからです。質問者の場合には、しかし遺留分減殺請求は可能です。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)