秘密証書遺言とはどのようなものですか。メリットとデメリットを教えてください。

秘密証書遺言とは、遺言内容は自分が死ぬまで秘密にしたいが、遺言書を確実に保管したいという場合に作成する遺言です。

秘密証書遺言は、次の要件をみたす必要があります。
1 遺言者が、遺言の内容を記載した書面に署名押印をする。
2 遺言者が、その書面を封じ、遺言書に押印した印章と同じ印章で封印する。
3 遺言者が、公証人及び証人2人の前にその封書を提出して、自己の遺言書である旨及びその筆者の氏名及び住所を申述する。
4 公証人が、その封紙上に日付及び遺言者の申述を記載した後、遺言者及び証人2人とともにその封紙に署名押印する。

秘密証書遺言のメリットとデメリットは次のとおりです。
<メリット>
1 遺言内容を秘密にできる
2 保管上のリスクがない
3 遺言本文を自筆で書く必要がない

<デメリット>
1 証人が必要なので、遺言の存在は秘密にできない
2 無効になるリスクがある
3 検認手続が必要

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)