精神上の障害がある場合にも、遺言をすることはできますか?

遺言するには、自分がする遺言の内容と効果を理解・判断することができる能力(遺言能力)が必要です。
精神上の障害がある場合にも、遺言能力があれば、遺言をすることができます。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)