調停とはどんな手続ですか?

調停は、家事審判官つまり裁判官と調停委員2名が行います。通常、調停委員が家事審判官の意見を聞きながら、いろいろおはなしを聞いて調停をまとめようとします。

遺産分割調停は、そういう調停の手続きで遺産分割の争点を協議するものです。調停期日という決められた日に、当事者が参加して非公開で行われます。実際には割と小さな部屋に集まって協議します。申立人と相手方は一緒に話すのではなく交互に入室し事情聴取する感じで進みます。

そして、そこでは、当事者間が合意すれば、分割の基準、方法に決まりはありません。しかし、相続分、特別受益、寄与分など民法の定めに従わないと当事者がお互い自分の意見を曲げないためまとまらないでしょう。

その意味で代理人弁護士が当事者全てにきちんとついていることは、法的争点を当初からはっきりさせ長引かせないで妥当な結論に到達するのに有効だと言えます。相手方に代理人がついていないと、こちらについていてもこちらの言い分が判例によると正しいこと(審判に移行した場合にどういう結論が想定できるかということ)すらわかってもらえず、調停の成立は困難です。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)