遺産分割協議の後に、遺言が見つかりました。どうしたらいいのでしょうか?

これは、複雑な問題を起こしてしまうことになります。

遺言により相続人が変わる場合
遺言により認知されたりしていると、相続人の範囲が変わります。そうすると、相続人の一部を除外してなされた分割協議であったり、相続人でない者を加えてなされた分割協議であったことになるので、遺産分割は無効との主張ができます。

遺言で、誰かに遺贈がなされていた場合
すべてが誰かに遺贈されていると、そもそも分轄するべきものがないので、してしまった遺産分割は無効となります。
よくあるのは、相続人に対して一部の財産の包括遺贈がなされている場合ですが、これについて相続人がこのような遺言があることを知っていれば、そのような遺産分割協議をしていなかったであろうと考えられる場合に、錯誤により無効といえます。

特定の資産について遺贈がなされていた場合
このときには、その遺言の効力発生と同時に受遺者がその財産を取得していたわけですので、その財産は本当は遺産分割の対象ではありません。そのため、その部分については少なくとも分割協議は無効といえます。一部の無効を言い難い場合には、全体の無効ということもできるでしょう。

もっとも、これも不利益を受けている当事者で無効の主張をしないのならそのままでほっておいてもよいわけです。

相続分の指定、遺産分割方法の指定、遺産分割の禁止の遺言があったとき
分割協議の当事者が、このような遺言があることを知っていれば当初のような分割協議をすることはなかったと考えられる場合には、錯誤により無効となりえます。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)