遺産分割調停とは何ですか?

相続人間で遺産分割の協議ができないとき(遠方に住んでいて協議が進まないとか、一部が協力してくれないような場合など)あるいは高齢などで協議をすることができないときは、各相続人はそのまま遺産分割できないと困りますよね。そこで、家庭裁判所に「分割してください」と請求することができ、通常はまず家庭裁判所で話し合いをしましょうということから、調停を申し立てます。

最初から、審判の申立てをすることもできますが、調停を経ずに審判を申立てた場合には、家庭裁判所がその判断で(職権で)、事件を調停にまわしてしまうことができます。ですので、通常は調停から始めます。

調停というのは、一種のあっせんの場です。家庭裁判所の調停委員会とか家事審判官という裁判官が間にたって協議をするわけです。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)