遺留分減殺の時には、具体的には誰に何を請求しますか?

自己の遺留分を侵害された遺留分権利者及びその承継人は、自己の遺留分を保全するのに必要な限度で、贈与や遺贈などの減殺を請求することができます。

贈与と遺贈がともになされている場合や、複数の遺贈や贈与がなされている場合、減殺請求をどのような順序で行うかは複雑な問題となります。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)