遺留分減殺請求はいつまでに行使するべきですか?消滅時効があるのですか?

遺留分減殺請求権は、遺留分権利者が相続の開始および減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から、1年間行わないとき、あるいは相続開始時から10年を経過したときに消滅します。これは大変厳しい制限です。

1年間の消滅時効がいつからはじまるか(起算点)ですが、単に減殺の対象である贈与又は遺贈の存在を知るだけでなく、それによって減殺ができることも知ることを要するとされています。ただ、通常は減殺ができることはわかるだろうといわれてしまうので、1年以内に内容証明などで行使しておくべきです。

1年の期間は消滅時効ですが、10年のほうは除斥期間といわれているので、どんな場合でも遅くとも相続開始後10年間の経過により遺留分減殺請求権は消滅することになります。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)