遺言がない場合の相続分はどうなりますか?

遺言がないと、法定相続分が各相続人の相続分です。
法定相続分は次のとおりです。

① 相続人が配偶者と子のとき

配偶者の法定相続分は2分の1です。
子は全体で法定相続分は2分の1です。
子がたくさんいるとき、各子は均等の相続分をもちます。2人いれば4分の1になります。
ただし、嫡出子と非嫡出子では差があり非嫡出子は嫡出子の2分の1とされています。(この点は憲法違反という考えもありますが、現在の民法ではまだここに差があります。)


 

② 相続人が配偶者と直系尊属(つまり親)の場合

配偶者の法定相続分は3分の2です。
直系尊属は、全体で3分の1です。
直系存続とは親ですが、実父母・養父母は同じ扱いになり、直系尊属各人の法定相続分は均等ですので、養父母も実父母もいれば、各自は、12分の1の相続分となります。
養父母も実父母もいないと、はじめて、上の代である祖父母の代が相続します。祖父母が生存していれば、それぞれ6分の1となります。


 

③ 相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合

配偶者の法定相続分は4分の3です。
兄弟姉妹は全体で4分の1です。
兄弟姉妹が複数いると4分の1を均等に人数でわけます。
ただし、亡くなった方と父母の双方を同じくする者(全血)と父母の一方だけを同じくする者 (半血、違いの姉妹や兄弟)がいるような場合には注意が必要です。
半血の兄弟姉妹の法定相続分は全血の兄弟姉妹の2分の1です。
全血が1人、半血が1人という場合、全血の1人と半血の1人の相続分が2:1になるように分けますので、全血は一人当たり6分の1、半血の1人は12分の1ということになります。


 

④ 子、直系尊属または兄弟姉妹だけが相続人である場合(配偶者がいない場合)

子がいる場合には、子だけが相続
子もいない場合には、直系尊属だけが相続人
子も直系尊属もいない場合、兄弟姉妹だけが相続人です。


 

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)