遺言で父がすべてを私に「相続させる」 と書いてくれました。これで、遺産はすべて私のものになりますか?

こういう遺言がどういう意味かですが、通常は遺贈ではなくて、その遺産を特定の相続人に単独ですべて取得させる遺産分割の方法が指定されたものと考えられます。遺産は、原則として何らの行為なくしてその遺言をされた人の死亡の時に直ちに相続によって承継されます。

この場合、遺言によって、全遺産がひとりの人に与えられているので遺産分割は必要がなく寄与分の主張もできません。できるのは、遺留分の主張だけになります

ただ、ある不動産を相続させるというような遺言であれば、遺贈という評価になることもあるでしょう。半分は 「相続させる」 という遺言がなされた場合には、残部の遺産について遺産分割が行なわれます。よって、相続人は寄与分の主張が可能となります。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)