遺言で私に与えると指定されていた財産がなくなってしまったのですが、私は何ももらえないのでしょうか?

遺言書に「Aに甲土地を遺贈する」と書いてあるのに、遺言者の死亡時に甲土地が遺言者のものではないことがあります。
遺言者が遺言を作成したあとで、甲土地を売ってしまったんですね。
この場合、「Aに甲土地を遺贈する」という遺言は取り消されたことになります。
Aさんは、甲土地をもらうことができませんし、土地の代わりに他の財産を要求することもできません。
ただし、金銭の遺贈については、現金がなくても遺贈の効力があると認められることがあります。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)