遺言とは何ですか?

遺言とは、自分の死後、その財産の処分方法などについて言い残しておくものです。
日常用語では「ゆいごん」といいますが、法律用語では「いごん」といいます。
遺言をする人のことを遺言者(いごんしゃ)といいます。

遺言は、自分の意思を残された家族に伝える最後のチャンスです。

自分の死後に、自分が生涯をかけて築いた財産をめぐって家族が争うのは、なんともやりきれないですよね。

遺言をすることによって、家族の相続争いを防ぐことができます。

遺言によって「争いのない相続」を残された家族に用意してあげましょう。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)