遺言のないときはどうなりますか?

遺言のないときは、民法が定める相続分に従って遺産を分けることになります(これを「法定相続」といいます。)。
「遺言がない場合の相続分はどうなりますか」

ただ、民法では抽象的に相続分の割合を定めているだけなので、遺産の帰属を具体的に決めるためには、相続人全員で遺産分割の協議をして決める必要があります。
この協議でもめて争いになるケースが多々あります。

遺言で、だれにどの財産を相続させるかを決めておけば、争いを防ぐことができます。
「遺産分割が遺言でできる場合というのは、どういう場合ですか」

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)