遺言はどのような手続きでするのですか?

遺言は法律の定める方式によってしなければなりません。
その方式に従わない遺言はすべて無効です。
普通の遺言の方式には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言という3つの方式が定められています。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)