遺言によって財産をあげる方法は、どのような方法がありますか?

遺言によって財産をあげることを「遺贈」といいます。
遺贈の主な方法は、次のとおりです。
1 全財産を1人にあげる方法(全部包括遺贈)
2 Aに財産の3分の1、Bに3分の2、というように割合的にあげる方法(割合的包括遺贈)
3 Aに甲土地を、Bに乙マンションを、というように財産を特定する方法(特定遺贈)

このほかに清算型遺贈(債務を清算した残りの財産をあげる方法)、負担付遺贈(負担を履行した場合に財産をあげる方法)があります。

同じカテゴリーの質問一覧

相続の相談はお気軽に!
遺産分割調停・登記の疑問は弁護士と司法書士が解決します!お問い合わせはお気軽に。サイトオープン記念、メール無料相談受付中!
電話:03-6380-9593
(受付平日9:00〜18:00)